誕生石コラム

5月の誕生石エメラルドの意味・効果・宝石言葉

5月の誕生石であるエメラルドは、ダイヤモンド、ルビー、サファイアと共に「世界四大宝石」の1つです。華やかな緑色の石は世界中で人気が高く、「愛」のエネルギーに満ちているため持ち主を幸福にすると言われています。

今回は自分用または5月生まれの人に贈るプレゼントとしてエメラルドの購入を考えている方のために、パワーストーンとしての効果や宝石言葉の意味などをご紹介します。

エメラルドとは

エメラルドの名前の語源は、サンスクリット語で「緑色の石」を表す「スマラカタ」です。そこから何度かの変化を経て古フランス語の「エスメラルド」と呼ばれるようになり、現在の名前である「エメラルド」に変化しました。

エメラルドが持つ意味・パワーストーンとしての効果

エメラルドは持ち主の心を穏やかにし、相手を思いやる気持ちを引き出します。そのためエメラルドを持つと、恋愛面だけでなく総体的な対人運の上昇が期待できます。

また「魔女はエメラルドに近づくことが出来ない」という言い伝えがあるように、不穏を遠ざけて災厄から守ってくれるため、お守りとして身につける石としても最適です。

エメラルドにはそれ以外にも

・自分に自信をつける
・体内エネルギーの活性化
・浮気封じ
・良いパートナーを得る
・富や成功を引き寄せる
・直観力を高め、行動する力を与える

などの効果があります。

またエメラルドの宝石言葉としては、「純心」「幸福」「愛の芽生え」「魅了」「指導者」「健康」「夫婦愛」が挙げられます
これらの宝石言葉を通して、エメラルドの魅力を詳しく見ていきましょう。

純心

エメラルドの1つ目の宝石言葉は「純心」です。
持ち主の心を透き通った純粋な状態にするため、周囲のサポートが得られたり才能を存分に発揮したりすることが出来ます。想いを叶える力を持つので、夢の実現に向かって頑張りたい時に身につけると良いでしょう。

幸福

エメラルドの2つ目の宝石言葉は「幸福」です。
エメラルドは「愛する力」と「愛される力」の両方を育む石。恋人や配偶者、家族との絆が深まり、持ち主の周りが愛で満たされ幸福へと導かれます。
またネガティブな感情を癒す効果もあるため、身につけているとより多くの幸せを掴むことが出来ると言われています。

愛の芽生え

エメラルドの3つ目の宝石言葉は「愛の芽生え」です。
古代バビロニアでは、エメラルドはギリシャ神話の愛の女神「ヴィーナス」に捧げる石とされていました。これは緑色が「愛の色彩」であり、「愛する人と結ばれるパワーがある」と信じられていたからです。
また「エメラルドを持っているとプロポーズされる」と言われているため、恋人との結婚を望む場合はデートの時に身につけるのもおすすめです。

魅了

エメラルドの4つ目の宝石言葉は「魅了」です。
エメラルドの神秘的な輝きは、人の心を魅了します。その上、瞳を美しくする効果があると言われているので、持ち主をより魅力的に見せ、好きな人を振り向かせる手助けをしてくれます。
また外見だけでなく心も慈愛に満ちた状態に導くため、異性を惹きつけるパワーが更に強まると言われています。

指導者

エメラルドの5つ目の宝石言葉は「指導者」です。
エメラルドを持つと人を立てながら才能を発揮できるため、多くの人の支持を集めることが出来ます。
またエメラルドは持ち主に英知や予言を授けるため、知的な仕事に就く人や指導者にふさわしい宝石と言えます。

健康

エメラルドの6つ目の宝石言葉は「健康」です。
古くから治療にも使われてきたエメラルドは、憂鬱を遠ざけ自然治癒力を高める効果があるとされています。特に眼病に対する効果が高いと言われていて、疲れ目や視力回復にも効果があると信じられて来ました。

夫婦愛

エメラルドの7つ目の宝石言葉は「夫婦愛」です。
心を穏やかにして相手を思いやる気持ちを育むエメラルドには、夫婦生活を円満にするパワーがあります。
結婚55周年の記念日を「エメラルド婚式」と呼びますが、これはエメラルドが深く静かな夫婦愛を築く石だからと言われています。

エメラルドと相性の良い組み合わせ

エメラルド×アクアマリン

エメラルドとアクアマリンは、どちらもベリル(緑柱石)という同じ種類の鉱物です。そのためこの2つは違和感がなく相性の良い組み合わせで、特に恋愛面で高いパワーを発揮します。真実の愛を得られるので、縁結びや恋愛成就のお守りとして持つと良いでしょう。

エメラルド×サファイア

エメラルドとサファイアは、仕事運の上昇が望める組み合わせです。このため、就職や転職、異動や起業などのお守りとして最適です。
また恋愛運を好転させるパワーもあるので、公私ともに充実させてくれる組み合わせと言えます。

エメラルド×シトリン

エメラルドとシトリンは、金運や商売運にパワーを発揮する組み合わせです。
更にストレスを癒してくれる効果もあるので、経済的な豊かさを求める人やストレスフルな仕事に就いている人が身につけると良いでしょう。

エメラルド×ルビー

エメラルドとルビーは、どちらも恋愛運を好転させてくれる「愛の石」です。この組み合わせで身につけると恋愛運アップはもちろん、総体的な人間関係も好転します。
また目標達成運も上昇するので、結果を出したい時に身につけると、日ごろの努力が実を結ぶかもしれません。

エメラルドの歴史

エメラルドの最も古い記録は、紀元前4,000年頃のバビロニアに遡ります。その後古代エジプトで産出されるようになり、「叡智を授ける石」とされて知的職業に就いている人たちや権力者たちに愛されて来ました。

その代表とも言えるのが、クレオパトラです。古代エジプトでは緑色に高い魔除け効果があると信じられていたこともあり、クレオパトラは自分専用の鉱山まで所有しエメラルドに囲まれて暮らしたと言われています。
エメラルドには異性を惹きつけるパワーがあるため、クレオパトラが多くの男性に愛された理由の一端はエメラルドにあるのかもしれません。

またエメラルドには病を癒す作用があると言われ、古代ローマのカエサルが治療のために集めていたと伝えられています。
その後、中世ヨーロッパでは錬金術師たちに「ヘルメスの石」と呼ばれ、医療分野で使われるようになりました。

エメラルドは「天国の庭が見える石」

エメラルドの原石は「インクルージョン」(内包物)を多く含む石です。光にかざすと木や草が生い茂った庭のように見えるため、ヨーロッパの権力者たちから「天国の庭が見える石」というロマンチックな呼び方をされました。
またインクルージョンにはその土地特有の物が多いので、石の産地を特定することにも役立ちます。良質のエメラルドはコロンビアから多く算出されますが、その特徴が「三相インクルージョン」です。これは液体・固体・気体の三相からなるインクルージョンのことで、価値のあるエメラルドを見分けるポイントのひとつと言われています。