夢占いコラム

【夢占い】泣く夢 14パターンを夢診断

悲しいことがあった日でもないのに、なぜか夢の中で泣いてしまったことはありませんか?
目覚めた時に実際に涙を流していて、驚いた経験がある方も多いかもしれません。

泣く夢は、ストレスや不安の解放など、心のデトックス効果が望めるありがたい夢です。ただし自分が泣いている夢と他者が泣いている夢では意味合いが違いますので、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

自分が泣く夢

悲しくて泣く夢

悲しくて泣く夢は、気持ちがネガティブになっていることの表れです。過去の失敗を忘れられずに思い悩んだり、未来に不安を感じて暗い気持ちになっていたりする可能性があります。
今のままでは、何をやってもうまく行きません。気持ちをポジティブに切り替えるために、まずは不安の原因を探ってみましょう。もしそれが自分の実力不足と感じるなら、実力をつけるために何を学べばいいか、どんな経験を積めばいいかを考えて下さい。
少しずつ努力を積み重ねて自信をつけ、前向きな気持ちになれれば、運気が好転するはずです。

寂しくて泣く夢

寂しくて泣く夢は、現実においても孤独を感じていることを表しています。本心を打ち明ける友人や、自分を必要としてくれる人がいないなどと感じているのではないでしょうか。
まずは孤独だと感じることが思い過ごしではないかと疑ってみて、自分が置かれている状態を冷静に観察して下さい。それでもなお心を許せる人が誰もいないようであれば、自ら交友範囲を広げるたり周囲の人に声をかけたりすることが必要です。
この夢は努力を続ければ悩みが解消されると教えてくれているので、自分から行動を起こすことを忘れないようにしましょう。

悔しくて泣く夢

悔しくて泣く夢は、苦難を乗り越えて進もうとする強い意志の表れです。
今までは理想に自分の成長が追い付かず、悔しい思いをして来たかもしれません。しかし悔しさを胸にあなたが努力を重ねた結果、コンプレックスを跳ね返す強い心が育ったと、この夢は教えてくれています。
今後はその意志の強さが運気を好転させるので、難しいと思えることにも前向きに挑戦してみましょう。

怒って泣く夢

怒って泣く夢は、あなたが抱えているストレスがかなり大きくなっていることを表しています。しかし同時に、そのストレスが解消に向かっていることも暗示されているため、心配は無用です。
ストレスの原因は、人間関係である可能性が高いようです。上司や先生、周囲の人に理不尽なことを言われたり、誤解を受けたりしていないでしょうか?
もし思い当たるようであれば、同じことを繰り返さないよう自分の言動を見直してみましょう。誤解を招かないような言い方や行いを心がけるうちに、周囲のあなたへの見方が変わり、運気も上昇するはずです。

嬉しくて泣く夢

嬉しくて泣く夢は、総合的に運気が好転する吉夢です。仕事や学業面で前進する、恋愛がうまく行くなど、良いことが起こるでしょう。
特に夢の中で感動を覚えていた場合は、人生の大きな転換期が訪れます。
恋愛面では、失恋してしまった相手との仲が復活し、更に結婚の話まで出るようなことが起きるかもしれません。また仕事や勉強での目標が達成できるなど、今までにない急展開が暗示されています。人間的に成長する機会でもあるので、臆せず幸運を掴み取って下さい。

別れが辛くて泣く夢

別れが辛くて泣く夢は、夢の中で別れた相手との関係性が改善される逆夢です。
もし今相手との関係がうまく行っていない場合、今後はその人との仲が修復できるはずです。またうまく行っている相手であれば、さらに絆が深まることが暗示されています。
ただひとつ注意が必要なのは、目覚めた後も不安な気持ちが強く残るケースです。この場合は夢の中で別れた相手に良くないことが起きる可能性もあるので、まめに声をかけるなど、注意して様子を見てあげるようにしましょう。

怒られて泣く夢

怒られて泣く夢は、困難を乗り越えられることを暗示する吉夢です。あなたは今、夢の中で泣くことによってストレスを発散し、気持ちを整理している状態です。
またこの夢は、誰かがあなたを助けてくれることも暗示しています。あなた自身の心の準備は出来ているはずなので、周囲の人の助けを借りて困難に立ち向かいましょう。

悪口を言われて泣く夢

悪口を言われて泣く夢は、不安や悩みが解消され、運気が好転する吉夢です。
この夢を見ると、目覚めたときに気持ちがスッキリしているはずです。心身ともにリフレッシュ出来ているので、仕事や勉強に対する意欲が湧き、良いアイディアも浮かんで効率的に物事を進められます。
また恋愛面の運気も上昇するので、今は何らかの問題や障害があっても近いうちに解消されるでしょう。

恋愛が原因で泣く夢

恋愛が原因で泣く夢は、人間関係に対する不安を示唆しています。恋人や配偶者に限らず広い意味での人間関係において、何らかの問題を抱えているかもしれません。
しかしこの夢を見るのは、あなたが相手を大切に思っている気持ちの表れでもあるので、むしろ今後その人との絆が深まる可能性が高いといえます。
もし不安の原因に思い当たることがあれば、相手にその気持ちを打ち明けてみましょう。一人で悩んでいても解決しないということも、この夢は教えてくれています。

喧嘩をして泣く夢

喧嘩をして泣く夢は、夢の中で喧嘩した相手との関係性が改善されることを暗示する吉夢です。
あなたは今、その人との関係に何らかの不安を覚えているかもしれません。相手から抑圧されている、自分を理解してもらえないなどの葛藤を抱えていて、それが不安やストレスに繋がっている可能性もあります。
しかしこの夢は、その悩みが間もなく解消することを示しています。お互いに相手を理解したいという気持ちを持っているので、あなたから働きかけて話し合う機会を持つようにして下さい。

すごく泣く夢

すごく泣く夢は、夢の中で号泣すればするほど大きく運気が好転する吉夢です。
もし現実において何か問題を抱えていれば、ほどなく解決して良い方向に進んでいきます。特に思い当たる問題がない場合、この夢は幸運の訪れを告げる夢となります。
夢の中で号泣することでストレスを解放できているため、心身の充実が期待できます。気持ちが前向きになっていることが幸運を呼び込むので、今の心のあり方を忘れないようにしましょう。

泣く夢を見て、目が覚めても泣いていた

泣く夢を見て目が覚めても泣いていた場合、どのような気分で涙を流しているかによって解釈が異なります。
もしスッキリした気持ちになれたなら、泣く夢を見ることでストレスが発散された証です。今までのモヤモヤが解消できて、ポジティブな気持ちになれています。物事に積極的に取り組むことが出来るので、運気も上昇するでしょう。
しかし目覚めた後もスッキリしない気分で涙を流している場合は、まだストレスを引きずっていると考えられます。好きなことに没頭したり休息を取ったりして、気分転換を心がけて下さい。

自分以外の誰かが泣く夢

親が泣く夢

親が泣く夢は、実際にご両親が心配事を抱えているというメッセージです。またその場合、心配の原因はあなたにある可能性が高いといえます。
もし両親との間に問題がなくても、近いうちにトラブルが起きる恐れもあります。早いうちにあなた自身が問題に気付くことで運気が好転するので、日ごろから両親の想いを大切にするようにしましょう。

恋人や好きな人が泣く夢

恋人や好きな人が泣く夢を見た場合、実際にその人が悲しんでいる可能性があります。
トラブルや悩みを抱えているかもしれないので、いつも以上に相手を気遣うようにしましょう。
またこの夢は、相手やあなた自身のスキャンダルも暗示しています。お互いの誠意が何より大事なので、充分に話し合う時間を持つようにして下さい。

まとめ

自分が泣く夢は、ストレスや緊張から心を解放しポジティブにさせてくれる効果があり、運気が好転する吉夢とされています。
しかし自分以外の誰かが泣く夢は、実際にその人が悲しみを抱えているケースが多いため注意が必要です。この夢を見たら、いつもより更に相手を気遣うようにしましょう。